KENJA GLOBAL(賢者グローバル) 株式会社東京調剤センター 長崎雄太

この症状もしかして薬の副作用?

薬は調子の良くない症状を良好にする事が使命ですが、悪い症状を抑えたことと引き換えに副作用が起こる事があります。

その症状を抑える為に、新しい薬が投与され、いつの間にか飲む薬がの量が膨大な事になることもあります。
これが最近よく聞かれるポリファーマシー。

新しい薬を飲み始めて、これって副作用かなと思う症状がでてしまったら、早めにかかりつけの薬局薬剤師へご相談ください。